<< 雨の日ガーデン | main | ゴッホの庭で意外な出会い >>
7/29今日はゴッホの命日です

JUGEMテーマ:美術・工芸

 

こんにちは。ゆきです。

 

↓広告です

ベルメゾンネット

 

今日はひまわりの絵で有名なフィンセント・ファン・ゴッホの命日です。

昨日は何も知らず、ゴッホの星月夜をイメージして作ったうちの庭の写真をアップしたのですが、今朝のニュースを聞いて驚きました。まぁ、ただの偶然なんですが・・・

 

昨日の記事はこちらです。→雨の日ガーデン

 

←自己満足の庭の写真はこちらになります。

 

 ゴッホの星月夜はこの絵です。

 →Google Arts&Culuture
 

ゴッホは好きな画家のうちの一人です。

ひまわりとか、星月夜とか、夜のカフェテラス黄色い部屋etc・etc・・・

 ↑これらの絵もこちらでごらんになれます。 →Google Arts&Culuture

 

光にあふれ、躍動感があって、エネルギーが満ちあふれていて、見ていると元気が出ます。

一見、絵の具厚塗りしてるように見えるけど、驚くほど薄塗なんだそうです。

ゴッホの情熱が手に取るように伝わってきます。

 

しかし、情熱ありすぎたんでしょうか。

自分で自分の情熱にふりまわされてしまったのでしょうか。

ゴッホは精神を病んでいきます。

その頃の絵ときたら、明るさのみじんもない、くらーい、かなしー絵になっていきます。

例えば、カラスの群れ飛ぶ麦畑などは不気味な空気。嫌な胸騒ぎさえ覚えます。

 

精神病院の入退院を繰り返していたある日、自分を傷つけてその傷がもとで死んでしまいます。

1890年7月29日でした。127年前の今日なんですね。

 

 

日比谷花壇 フラワーギフト 花のある暮らし 日比谷花壇 花を贈るなら日比谷花壇へ

 

ゴッホの生涯を振り返ると、ホントにしんどい人生だったと思います。

ゴッホ本人もしんどいけど、周りの人々も大変だったでしょうね〜

一緒に創作活動をしていた友達のゴーギャンはきっとたくさん苛立ち、怒り、悲しみ、傷ついたことでしょう。

ゴーギャンはゴッホのもとを去っていきます。

もし、自分の周りにゴッホみたいな人がいたら疲れるわ〜

救いは弟テオの存在です。唯一の理解者。

ゴッホの絵はゴッホの死後認められ、ゴーギャンはゴッホと別れてから向かったタヒチで才能を開花させます。

皮肉というかなんというか・・・

 

天才は孤独なんですかね。

凡人には全く理解できないのです。

なろうと思っても絶対になれないけど、天才でなくて良かったわ〜つくづく・・・

 

なんだか気に入ってた星月夜風庭も蚊取り線香に見えてきました。

やはり私は自分で思ってる以上の凡人なんですね〜(^▽^;)

 

 

最後までお付き合い下さいましてありがとうございます。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

↓夏のご贈答におすすめです。

婦人画報のお取り寄せ通販サイト

八天堂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| アート鑑賞 | 19:22 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

人気ブログランキング

にほんブログ村

楽天トラベル

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH