<< 地方でも見れる名品。福島県立美術館。 | main | ガーデニング続報!6月 >>
梅の季節ですね。梅仕事その1

JUGEMテーマ:食生活

 

こんにちは。ゆきです。

会津では毎日お天気悪いです。

が、今日は久しぶりの青空で気持ちいいです!

でもそれも今日で終わり。また明日から曇りもしくは雨の予報です。

 

ん〜このまま梅雨に突入でしょうか?

憂鬱な季節ですねぇ。梅雨

掃除洗濯する気が起きない。晴れててもやる気ないけど、雨の日は初めからやろうとすら考えません。

そんな梅雨時ですが、ここ数年は梅仕事にはまってます。

 

今年は何を作ろうか・・・

 

昨日スーパーで安い梅が出てたので買ってきました。

山梨県産高田梅

 

会津特産品でもある高田梅。その会津に住んでて山梨県産を使用するのは情けない事けど、安さにひかれて買いました。

 

780円/1kg

 

安い!

 

通販とかの梅って高いですよねぇ。

きっと肉厚で傷とかもなくて特級品なんでしょうけど、趣味に費やすのにはちょっと高価です。

なので、今日はとりあえず780円で我慢です。780円ですが、とてもおいしそうです。

 

高田梅は実が肉厚で、他の梅より酸っぱさが強いと思います。

想像しただけで口の中がつばつば〜です。

母はよく割梅にして甘漬けを作ってくれました。

お茶うけに最高〜!なんですが、とてもとても手間がかかるんです。

私には無理だな。

それは老後の楽しみにとっておきましょう。

高田梅にしてはちょっと小粒ですが、傷もなくなかなか良し!です。

 

青梅なので、梅酒にしましょうね。

 

材料は

梅 1kg

氷砂糖 私は甘めが好きなので800g位入れちゃいます。

ホワイトリカー 1.8リットル

それから、4リットルの保存瓶を用意します。

 

これだけ!

シンプルです。

 

 

次に瓶を消毒します

瓶が大きすぎて熱湯消毒ができないので、きれいに洗ってよく乾かして、焼酎を100cc位回し入れます。

蓋にもきちんと焼酎を当てます。

消毒に使った焼酎は捨てちゃいます。

 

梅もよく洗い水気を切ります。

キッチンペーパーで水分をきれいにふき取り・・・

 

↓竹串で(私は竹串がなかったので爪楊枝で代用しました。)梅の軸を取り除きます。

軸の根元近くを竹串でくるりと輪をかいてあげるようになぞると簡単に取れます。

(爪楊枝より竹串のほうが断然やりやすいです。)

 

↓保存瓶の中に、梅半分を入れ、その上に氷砂糖の半分を入れます。

 

↓そのまた上に残りの梅半分を入れ、氷砂糖も残り全部入れてしまいます。

 

↓しずかにホワイトリカーを注ぎ入れます。

 右に半分写っているのが一昨年作の梅酒です。琥珀色のいい感じですね。

 

はい、出来上がり

超簡単

ですが、美味しく飲めるようになるには冷暗所に3か月以上置きます。

お砂糖が溶けたら時々ゆっくり瓶を回して混ぜます。

冷暗所に、といっても、夏はどこにおいても暑いですよね。

こまめに見てあげて、梅が空気に触れないようにしてあげるとかびにくいみたいです。

 

1年位経ったものがおいしいと思います。

我が家は半年ぐらいしたら4等分にして3人の子供たちに送ります。

私は下戸なのに、子供たちは3人ともお酒が強い!

去年は送ったらすぐに飲みきってしまったとか・・・

驚きます。

私があまり飲まないし、パパさんはもっぱらビールなので、うちには去年のと一昨年のがあります。

また今年も作ることにしたので、早く飲んでしまわないとですね。

さっそく一昨年の分を今夜いただきます。

 

↓10倍ぐらいに薄めたものです。グラスは娘ちゃんと新潟旅行の時に買ったお気に入り♡

 

いつになったらなくなるのか、気が遠くなりますね。

 

ん〜おいしいです。

 

 


人気ブログランキング

 

 

| 梅仕事 | 18:21 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

人気ブログランキング

にほんブログ村

楽天トラベル

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH