<< あいててよかった。セブンイレブン | main | 梅の季節ですね。梅仕事その1 >>
地方でも見れる名品。福島県立美術館。

JUGEMテーマ:美術・工芸

 

こんにちは。ゆきです。

 

今日は特に何の用事もなく、ゆっくり休む予定の日曜日でしたが、ふと思い立って福島県立美術館に行ってきました。

 

 

国立西洋美術館の所蔵品の巡回展

西洋美術館にいつでも行けるような環境の人にとっては目新しい展覧会ではないけれど、こんな田舎暮らしの私にとっては一流品に触れ合える数少ないチャンスです。

前から行きたいと思ってましたので、ワクワクしながらの1時間の道のり。

 

お目当てはポスターにもなっているマリー=ガブリエル・カベの自画像です。

若い時から、東京上野の西洋美術館に行くたびに、この絵の前で必ず立ち止まっていました。

この、自信たっぷりにまっすぐこちらを見据えるまなざし。

若々しい光を放つ表情。

なぜかいつも引き込まれます。

上野にはもう何年も行っていないから、久しぶりに会える!

そんなワクワクです。

 

チケットを購入し入場するとすぐにカペさんに出会えた。

変わらないまなざし。

久しぶりに会えた。

初めて出会ったときはおそらく同い年ぐらいだったのに、今は私だけが年取っちゃった。

カペさん、わたしより200歳位年上なのに相変わらず美しい。

永遠の美とはこういうことね。

 

魔性の女

のコーナーはちょっと空恐ろしく、ムンクの狂気じみたリトグラフを見た後の

近代都市生活と女性

のコーナーのモネ

ふわ〜っとして心に光がさしてきました。

ほっとするってこういうことね。

 

それだけムンクの迫りくる迫力のすごさと、モネの包み込む優しさのすばらしさ。

印象派はやっぱり万人受けしますね。

でも、モネは特別だなぁ・・・

 

百数十点ににも及ぶ作品も飽きることなく、最後まで楽しく、贅沢な時間を過ごさせていただきました。

東京に住んでれば、こんな超一流品が常設展で数百円で見ることができます。

さすが国立ですね。

また、余裕ができたら西洋美術館に行こう。

カペさんに会いに。。。

 

心に栄養補給の休日でした。

 


人気ブログランキング

 

 

| アート鑑賞 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

人気ブログランキング

にほんブログ村

楽天トラベル

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH