<< ベリーベリーワイルドベリー | main | 最近の心配事 >>
ツバキ文具店第6話。今日もじんわりしみました。

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

こんにちは。ゆきです。

 

先週までは肌寒い日が続き、今日もあさはひんやりしていたのに、お昼頃からは「暑い〜」とうなだれるほどでした。

それもそのはず、今日は会社の大掃除だったのです。

行事の多さに閉口してしまう我が社なのですが〜 

年2回の大掃除。ホントに必要?と誰か進言してくれぇ・・・・

といいつつ、私は何の役にも立たず、ただぼさ〜っと突っ立ってるだけなんですが(笑)

 

昨日、は毎週楽しみにしてるテレビドラマ、ツバキ文具店第6話(NHK総合 毎週金曜日夜10時)でした。

 

多部未華子ちゃん演じる鳩子ー通称ぽっぽちゃんーが代書屋として他人の手紙の代筆をしながら自分の心と向き合っていく。。。というドラマです。

 

昨日の第6話では、高橋克典さん扮する白川清太郎さんが、亡くなったお父さんからの手紙をずっと待ち続ける認知症のお母さんへ宛ててお父さんからの手紙を書いてほしい、という依頼。天国からのお手紙、というところですかね。

は〜。またまた難しい依頼ですね。

お母さんを喜ばせることができるかもしれない半面、とりかえしがつかない程傷つけてしまう可能性もありますよね。

私には書けないな。恐ろしくて・・・

でも鳩子は書いてしまうんですよねぇ。

 

”愛するチーちゃんへ”

 

から始まり

 

”世界で一番チーちゃんを愛する僕より”

 

で終わる、素敵な素敵なラブレター。

こんなお手紙もらったら、本当に幸せ。

お母さん、きっと満足したでしょうね。

お母さんを演じる草村礼子さんがホントにチャーミングで、心から亡くなったご主人を愛する姿はとても演技とは思えない程です。

歳を重ねても、ご主人に先立たれて認知症を発症してしまっても、ず〜っとご主人と寄り添って、歩んできたのでしょうね。

こんな素敵な夫婦になれるでしょうか。

ちょっと自信ないな。わたし・・・

 

回を増すごとに「代書屋」が板についてきた鳩子。

説明じみた言葉は一切ないのに、優しさがにじみ出ています。

多部未華子ちゃん、この若さで貫禄の演技ですね!周りの俳優さんたちもホントに素晴らしい!

それから、鎌倉の佇まいと皆さんの優しさが心にしみわたります。

素敵な素敵なドラマに出会いました。

次回も楽しみです。

 

原作もとても良いです。ぜひぜひ。

 

 

 

 

 

評価:
価格: ¥ 1,512
ショップ: 楽天ブックス
コメント:やさしい時間を過ごせます。私もポッポちゃんに手紙の依頼をしたいです。

| テレビとか映画とか | 18:31 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

人気ブログランキング

にほんブログ村

楽天トラベル

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH