<< 熱田神宮もろもろ3 | main | 鳥羽のおいしさ満喫!花海鮮とと >>
名古屋城〜豪華絢爛本丸御殿

JUGEMテーマ:御朱印収集

 

 

こんにちは。ゆきです。

 

伊勢旅行一日目

熱田神宮の記録だけで5日もかかってしまいましたが、まだ一日目です。

熱田神宮から名古屋城へ

 

↓名古屋城

 

下知我麻神社前の神宮西駅から名城線右回りに乗り市役所駅で降りました。

乗車時間は15分位でした。

市役所駅から歩いて5分ほどで名古屋城東門に到着です。

 

  ↓広告です

  ベルメゾンネットのセール・福袋

  イオンのお歳暮・冬ギフト

 

入場料は一人500円。

東門から入ります。

天守閣を目指すと、通り沿いは出店がたくさん並んでいます。

熱田神宮で予定時間をかなりオーバーし、しかも熱田神宮休憩所の人の多さにおじけずいてしまい、昼食を食べそびれていた私たち。

ちょっと腹ごしらえ・・・

あまりの空腹に写真を撮り忘れるという大失態!

 

パパさんはビールと中華点心を、私はウーロン茶とたこ焼きをほおばりました。

今朝は4時起きで出てきてます。しかも昼抜き!

あ〜久々の食事。おいし〜!

 

さて、いよいよ天守閣を目指して歩きます。

表二の門を過ぎると小さなお城みたいな建物があって、なにやら行列ができています。

訳も分からず行列に並んでみました。

↓この建物です。

 

これは東南隅櫓です。

普段は一般公開はされておらず、この日はたまたま公開されていました。

それであの行列だったのですね。

ちょっと急な石段を上ります。

写真撮っちゃいけないのかな・・と思い一枚も撮らずに来ました。

東南隅櫓は、物見・防戦・武器や食料の貯蔵のために作られた建物で、城内四隅にある櫓のうちの一つです。

創建当時のもので重要文化財です。

中は、ほぼ直角の梯子のような階段があり、一番上階は物置のような一間の四周りが廊下になっていて、窓から外が見えるようになっています。

敵が来たら敵の頭上に石を落としたのであろう床の穴や、鉄砲の筒先が出るような壁の穴があったり、ちょっとした忍者屋敷のようです。

小さな建物ですが楽しい!

 

東南隅櫓を出ると、本丸御殿入り口が見えます。

東南隅櫓の上から見た本丸御殿 その後ろが名古屋城天守閣

 

本丸御殿はお殿様が生活した建物で、戦火によって焼失してしまったものを復元されたものです。

まだ奥の方は工事中だったようなので、今公開されているのはほんの一部なのかもしれません。

 

まだ新しいせいか、中に入るとヒノキのいい匂いに包まれます。

日本人でよかった〜

と思わせる匂いです。

 

木材はじめ障子・ふすま・床材等々に至るまで、貴重な材料を使っているので、もちろん触ることは厳禁です。

靴下履いていないと入れません。(ストッキング一枚も駄目のようです)

靴下履いていない人は靴下を貸し出しているみたいです。

 

大きなかばんやリュックはコインロッカーに預けなければなりません。

なので、あらかじめ小銭を用意しておけば慌てなくてすむと思います。

 

中に足を踏み入れると、なんて豪華絢爛!

そのど派手さに面食らってしまいます。

今、まざまざと権力を見せつけられてる〜って感じです。

 

なんと写真OKです。

ただし、フラッシュNGなのでうまく撮れるか不安です。

 

 

 

 

どこもかしこも金!金!金!

さすがです。

徳川家康!

 

 

本丸御殿の圧倒的な豪華さに押しつぶされそうになりながら天守閣へ向かいます。

近づけば近づくほど

でかい!

 

 

「お城といえば鶴ヶ城」

と信じて疑わない会津若松市民は名古屋城を前に異口同音

「鶴ヶ城って小さかったんだね〜」

はい、井の中の蛙とはこのことですね。

豪華さが違います。

 

1階からエレベーターに乗り5階まで上り、7階展望室までは階段で上ります。

 

 

いい眺め〜

最高のお天気に最高の眺望です。

ただ、展望室にあるお土産屋さんがちょっと驚きだったかも・・・

天下の名古屋城・・・

お土産はもっとちゃんとしたところで、ゆっくり吟味して買うことができるミュージーアムショップのような施設が欲しかったかな。

まぁ、鶴ヶ城もそんなもの無いんですけどね。

 

ゆっくり階段を下りながらちらほら展示室を回りましたが、熱田神宮と同じくすごい人、人、人

どうも田舎の人は人込みに弱くて・・・

あまり人だかりの無いような展示だけ見てきました。

↓こんなのとか

 

↓こんなのとか

 

↓こんなのが興味あるんですねぇ。

 

私は名古屋城は2回目でしたが、パパさんは初めてで大感激してました。

何しろ歴女ならぬ歴男。

興味の深さがまるで違います。

天守閣も本来の木造での復元が始まっているらしいので、完成したらまた見に行かなければ。

 

もっとゆっくり見たかったのですが、6時までに鳥羽まで行かなくてはなりません。

大急ぎで名古屋駅へ!

また来るよ〜名古屋城!

 

  ↓伊勢への旅行の予約は

  総合旅行予約サイトの楽天トラベル

 

  ↓名古屋城についての情報は

  名古屋城

 

 

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございます。

↓ご協力頂けるとうれしいです( ◠‿◠ ) 


人気ブログランキング
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

 

 

日比谷花壇_お歳暮ギフト特集_フラワーギフト

 

 

 

 

 

 

 

| 御朱印 | 19:27 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

人気ブログランキング

にほんブログ村

楽天トラベル

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH