<< 私の「わすれられないおくりもの」 | main | 今夜は眠れない >>
「あかいりんご」わたしの歴史

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

 

こんにちは。ゆきです。

 

昨日は絵本のお話をしました。

久しぶりの絵本でなんだかはまりそうです。

 

学生で一人暮らし初期のころは、寂しさを紛らわすためによく本屋へ行きました。

少女漫画もよく買いましたが、スルーするつもりでいても必ず足を止めてしまう絵本コーナー。

学生なのであたりまえに貧乏でした。

絵本ってけっこう高くていいな〜と思ってもなかなか買えませんでした。

 

そんな貧乏な私がよく買ったのが350円くらいのポケット絵本。

色々買いましたが一番のお気に入りが

 

「あかいりんご」

作・絵 なかのひろたか  福音館書店

 

←もはや売っていないのか画像が見つからずうちの絵本です。
 

 

 

 

Honya Club.com

 

アラカルト訴求

 

森にあかいりんごがおちていました。

まずすずめがやってきます。

りんごを食べようとするとうさぎがやってきます。

すずめはびっくりしてとびあがります。

うさぎがりんごを食べようとするときつねがやってきました。

きつねがりんごを食べようとすると・・・・

こんなかんじで、どんどん大きな動物がりんごを横取りします。

最後にくまがりんごを食べようとすると・・・・

 

最後にかわいいオチがあります。

 

この単純なストーリーと一筆書きのような絵に癒されます。

三十年近く昔の絵本ですが、ちっとも古臭さがありません。

子供たちが小さいとき、よく読んで聞かせました。

この単純な絵と、ぱっと目をひくはっきりとした色づかいは生まれたばかりの赤ちゃんの目にも映るようです。

まだまだ本物とかおもちゃとか絵本とかの認識もないころから

読んであげました。

 

「すずめさんだよ〜ちゅんちゅん」

 

とか

 

「うさぎさんがかけてきた〜ぴょんぴょん」

 

とか自分なりに赤ちゃん用にアレンジして・・・

うちの子供たちはこの絵本が大好きでした。

 

まさに絵本デビューの一冊です。

 

320円の小さな絵本。

ハードカバーでもなく、なんかの付録に間違えられそうな絵本。

読み継がれてぼろぼろに近いけれど

私の歴史が詰まっています。

 

愛しい絵本です。

 

 

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございます。

↓ご協力頂けるとうれしいです( ◠‿◠ ) 


人気ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

 

↓広告です

 

 

 

 

日本盛 米ぬか美人

 

 

 

 

 

 

 

 

| 読書感想文 | 18:41 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

人気ブログランキング

にほんブログ村

楽天トラベル

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH