<< 会津三十三観音〜三十一番塔寺 | main | ジャムづくり。初めての失敗! >>
会津三十三観音〜三十二番青津

JUGEMテーマ:御朱印収集

 

 

こんにちは。ゆきです。

 

↓広告です

 秋の会津にいらしてみませんか?おいでなんしょ( ◠‿◠ ) 

秋の旅行特集 びゅう

 

塔寺の立木観音様のすごさに圧倒されながらの次です。

札番も32番!3つの番外のうち浮身のお参りは済みましたので、残す観音様はここを含めて4か所です。

 

三十二番札所・青津です。

ご本尊は聖観世音です。

住所:会津坂下町大字青津字本丁71

 

↓御朱印は別当・浄泉寺で頂きます。

 

 

↓こちらの御堂は古墳の上にあります。4世紀ごろの古墳というから驚きです。

 前方後円墳で、東北では第2の規模です。

 写真は後円の部分。観音堂はこの上にあります。墓地もありますね。

 

↓後円部分の真後ろが参道になっています。

 

↓亀ケ森古墳と鎮守杜古墳が並んで残っています。

 観音堂は亀ケ森古墳の方です。

 

 

↓地下水ですね。

 

↓まっすぐ進んで・・・

 

↓うゎっ!階段!

 でも、この位は朝飯前です。

 

↓頂上付近で二手に分かれた!片方は鳥居があります。

 

↓鳥居のない方が観音堂です。

 

↓このところ立派な御堂が続いていたのでこの素朴さが懐かしいです。

 

↓素朴さの中にも梁の彫り物や虹梁なんかはちゃんとあります。

 

↓軒裏、今までの御堂とはちょっと違います。

 修繕したんですかね。

 

↓御詠歌です。

 

 春は花 夏は青木に繁りつつ

   秋は紅葉に染むる露しも

  

 

↓御詠歌の謎がオモシロイ

 

要約すると・・・

 

もとは隣の「青木」という村に観音様があったため御詠歌には「青木」とありますが、地震や大水の災害で青木寺が壊れたために

この「青津」にある亀ケ森に観音堂を建立し観音様を安置しました。

そして会津藩が「三十二番目の札所は青津」と正式に認定します。

しかし、御詠歌は公式文書ではなかったために改められることもなく現在に至る・・・

 

青木の村民が「もともとは青木にあったもの」と札所の回復を求めるも認められず

 

 春は花 夏の青木葉枯れはてて

   今は栄ふる亀ケ森かな

 

という狂歌を歌ったとさ・・・おしまい( ◠‿◠ ) 

 

こんな感じでしょうか?

 

↓神社にもお参りします。

 

↓頂上と思いきやまた階段!観音堂の脇を上ります。

 

 

↓後円の麓のお地蔵様

 

↓道路向かいの古墳は鎮守の森古墳

 

会津ではところどころ田んぼの中にぽこっとちっちゃな古墳があります。

ここの規模は大きいし、前方後円の形をとどめているところがスゴイです。

そして、古墳の上に墓地を作ったり観音堂があるところがまたすごいですね。

でも、古墳の上って例外なく墓地になっています。

 

↓三十一番塔寺〜三十二番青津

 

会津三十三観音の詳しい情報はこちらまで

 →極上の会津「会津三十三観音めぐり」

 

 

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございます。

↓ご協力頂けるとうれしいです( ◠‿◠ ) 


人気ブログランキング
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

 

↓広告です

 

 

ベルメゾンネット

 

Oisix(おいしっくす)

 

 

 

 

 

 

 

| 御朱印 | 19:27 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

人気ブログランキング

にほんブログ村

楽天トラベル

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH