ムンクと斎藤清。意外な関係

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

こんにちは。ゆきです。

 

↓秋の会津にいらしてみませんか?おいでなんしょ( ◠‿◠ ) 

WEB限定国内旅行ツアー

首都圏出発の東北エリア人気スポットへ行くJR付ツアーが満載!

斎藤清美術館で開催中の

「ムンク × 斎藤清」展に行ってきました。

 

 

斎藤清」 ご存知ですか。

 

会津に生まれて、会津の四季を描き続けた日本を代表する版画家。

会津の人なら知らない人はいないでしょう。

斎藤清の名前を知らなくても、雪に覆われた農村の作品はだれでも一度は目にしているはずです。

町の中にポスターとして使われている作品があちこちに貼られています。

 

斎藤清=会津

 

のイメージが強いですが、意外にも斎藤清が会津に住んでいたのはほんの数年。

生まれてから4歳までは会津坂下町に住んでいましたが、その後北海道に移り住み版画家になるまでは北海道で暮らします。

北海道を題材にした作品もあるのかもしれませんが、会津の人にとっては

代表作である「会津の冬」があまりにも有名です。

 

斎藤清が晩年移り住み創作活動をした柳津町に美術館が建てられました。

 

私も何度となく足を運んでいるのですが、新聞の記事を読み、

「ムンクと斎藤清って意外な組み合わせ〜」と思い、久しぶりに行く事にしました。

 

 

パンフレット1、2

 

パンフレット3、4

 

 

パンフレット5,6

 

ムンクの作品1

 

ムンクの作品2

 

ムンクの作品3

 

ムンクの作品4

 

 

パンフレット1〜6までは斎藤清の作風の変遷が、どのようにしてムンクの影響を受けてきたかがわかりやすく書かれています。

ムンクの作品と対比してみると、素人の私でも

「言われてみれば影響受けているのかな〜」

くらいには感じられます。

 

ムンクといえば有名な「叫び」

そのイメージが強すぎて他の作品はあまり知りません。

パンフレット最後に載っている「横たわる裸婦」ぐらいは見たことあるな〜っていう程度。

 

↓美術館内にあった記念写真用のコーナー

 ムンクの叫びの背景で何かを叫ぶパパさん

 

斎藤清は美術誌で紹介されていたムンクの作品に感銘を受けて「病める子」などを模写したそうです。

自分と通じるものを感じていたそうで、

天才?芸術家?

とは、そういう直感的なものを大切にするのでしょうね。

 

ムンクとの係わりが深い作品を中心に、又定番の会津を舞台にした作品も展示されていて楽しめました。

今までの斎藤清とは全く違う一面が見れて、とても興味深い企画展でした。

 

詳しくは斎藤清美術館まで

 

また、斎藤清没後20年 ということで福島県立美術館でも只今斎藤清展開催中です。

 

 

 

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございます。

↓ご協力頂けるとうれしいです( ◠‿◠ ) 


人気ブログランキング
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

 

↓広告です

 

 

 

 

 

 

 

 

| アート鑑賞 | 19:27 | comments(0) | - | pookmark |
初めてのせと市!会津本郷焼

JUGEMテーマ:美術・工芸

 

こんにちは。ゆきです。

 

   広告です

   ↓ベルメゾンキャンペーン中です。

  ベルメゾンネット

 

台風のフェーン現象でしょうか。暑っ〜い!暑っい!

さすがの私も今日はエアコンつけました。

 

そんな暑い中、今日は会津美里町の会津本郷焼せと市に行ってきました。

 

このコーヒーカップ。可愛くてすぐ買っちゃいました!

一つ一つ微妙に違う色や形。触った感じのざらざら感。素朴でい〜わ〜

なんと1個¥100です!

驚きの安さです。

 

有田焼・伊万里焼・九谷焼・・・全国には有名な窯元がありますよね。

有田・伊万里ほどではありませんが、会津で焼き物と言えば、会津本郷焼です。

一年に一度開催されるせと市、ず〜っと行ってみたかったので、今日は念願かなってしかも掘り出し物にも出会えたし、満足満足( ◠‿◠ ) 

 

会津本郷焼は400年の歴史があり、せと市の始まりは

現在でも会津では新盆を迎えた方々が旧の7月1日に会津の高野山・八葉寺の「冬木沢参り」へ行くのですが、冬木沢参りで本郷を通る人たちに窯元の弟子たちがお小遣い稼ぎに出店を出して焼き物を売ったのが始まりなんだそうです。

  本郷焼せと市についての詳しい情報はこちらです。

    →会津美里町観光ポータルサイトMisatono

  八葉寺「冬木沢参り」についての詳しい情報はこちらです。

    →会津若松観光ナビ

 

せと市は朝の4時から始まりお昼で終了します。

 

本当は頑張って早起きして早朝暗いうちから行きたかったけど、そもそも寝坊助だし日曜日はばーちゃんのデーサービスの日なので、ばーちゃんを送り出してから9時頃出かけました。

ワゴンセールみたいな箱売り品はもう数少なくなっていて、あのコーヒーカップも残りあとわずかってとこでした。

 

 

本郷焼だけじゃなく他県の焼き物のお店も出てました。

本郷焼にも色々な窯元がありますが、私は子供の頃から流紋焼き(りゅうもんやき)の深い青や緑の色が大好きなので、今日は青い醤油さしを買いました。

瑠璃色の地球・・・って感じの色です。¥800でした。

 

 その他の流紋焼きも素敵ですよ〜→会津本郷焼窯元 流紋焼き

 

それから先日無事入籍を済ませたお兄ちゃんご夫妻にプレゼント

スープボウルです。おいしい朝ごはん食べて欲しいわ!

¥1,600×2個=¥3,200でした。

 

なんだかんだ色々購入。

予定外の出費でしたが、念願叶ったのでOK!OK!

 

来年はきっと早起きして懐中電灯持参の早朝せと市しましょう!

 

あいづじげん君も暑い中大変お疲れさまでした〜

 

 

最後までお付き合い下さいましてありがとうございます。

 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

婦人画報の夏ギフト

 

婦人画報のお取り寄せ通販サイト

 

送料無料もいっぱい♪夏のお中元ギフト【日比谷花壇】

 

日比谷花壇

 

イオンショップ 八天堂

 

 

 

 

 

 

 

| アート鑑賞 | 19:11 | comments(0) | - | pookmark |
7/29今日はゴッホの命日です

JUGEMテーマ:美術・工芸

 

こんにちは。ゆきです。

 

↓広告です

ベルメゾンネット

 

今日はひまわりの絵で有名なフィンセント・ファン・ゴッホの命日です。

昨日は何も知らず、ゴッホの星月夜をイメージして作ったうちの庭の写真をアップしたのですが、今朝のニュースを聞いて驚きました。まぁ、ただの偶然なんですが・・・

 

昨日の記事はこちらです。→雨の日ガーデン

 

←自己満足の庭の写真はこちらになります。

 

 ゴッホの星月夜はこの絵です。

 →Google Arts&Culuture
 

ゴッホは好きな画家のうちの一人です。

ひまわりとか、星月夜とか、夜のカフェテラス黄色い部屋etc・etc・・・

 ↑これらの絵もこちらでごらんになれます。 →Google Arts&Culuture

 

光にあふれ、躍動感があって、エネルギーが満ちあふれていて、見ていると元気が出ます。

一見、絵の具厚塗りしてるように見えるけど、驚くほど薄塗なんだそうです。

ゴッホの情熱が手に取るように伝わってきます。

 

しかし、情熱ありすぎたんでしょうか。

自分で自分の情熱にふりまわされてしまったのでしょうか。

ゴッホは精神を病んでいきます。

その頃の絵ときたら、明るさのみじんもない、くらーい、かなしー絵になっていきます。

例えば、カラスの群れ飛ぶ麦畑などは不気味な空気。嫌な胸騒ぎさえ覚えます。

 

精神病院の入退院を繰り返していたある日、自分を傷つけてその傷がもとで死んでしまいます。

1890年7月29日でした。127年前の今日なんですね。

 

 

日比谷花壇 フラワーギフト 花のある暮らし 日比谷花壇 花を贈るなら日比谷花壇へ

 

ゴッホの生涯を振り返ると、ホントにしんどい人生だったと思います。

ゴッホ本人もしんどいけど、周りの人々も大変だったでしょうね〜

一緒に創作活動をしていた友達のゴーギャンはきっとたくさん苛立ち、怒り、悲しみ、傷ついたことでしょう。

ゴーギャンはゴッホのもとを去っていきます。

もし、自分の周りにゴッホみたいな人がいたら疲れるわ〜

救いは弟テオの存在です。唯一の理解者。

ゴッホの絵はゴッホの死後認められ、ゴーギャンはゴッホと別れてから向かったタヒチで才能を開花させます。

皮肉というかなんというか・・・

 

天才は孤独なんですかね。

凡人には全く理解できないのです。

なろうと思っても絶対になれないけど、天才でなくて良かったわ〜つくづく・・・

 

なんだか気に入ってた星月夜風庭も蚊取り線香に見えてきました。

やはり私は自分で思ってる以上の凡人なんですね〜(^▽^;)

 

 

最後までお付き合い下さいましてありがとうございます。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

↓夏のご贈答におすすめです。

婦人画報のお取り寄せ通販サイト

八天堂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| アート鑑賞 | 19:22 | comments(0) | - | pookmark |
一路真輝さん&松平健さんに大感動。キス・ミー・ケイト

JUGEMテーマ:ミュージカル

 

こんにちは。ゆきです。

 

日比谷花壇

 

 

今日は娘とパパと一緒に初ミュージカル!してきました。

お芝居とか舞台とか見てみたいな〜とは思いますが、なかなか東京まで見に行くことはできません。

しかし、この会津でミュージカル!しかも出演者は一流の方々ばかり!しかもしかもS席5000円・A席4000円安い!

 

ミュージカルコメディ キス・ミー・ケイト 劇中劇:シェイクスピア「じゃじゃ馬ならし」

 

出演者:平健・一路真輝・川崎麻世・太川陽介・スギちゃん等々・・・

 

←クリックで拡大します。
 

 

←クリックで拡大します。
 

 

こんな片田舎でこんな一流どころの舞台を見るチャンスは二度とないと思い、すぐにチケットを購入。

劇中劇にシェイクスピアというところも気になり娘を誘いました。

娘は大学で国文学の研究をしているので、シェイクスピアは国文学ではないけれどいろんな芸術にふれていた方がよいのではないかという母の勝手な思いですが、娘もすぐに「見たーい」と言って駆けつけてくれました。

 

駐車場で困るのは嫌なので、1時間ほど早めに会場の会津風雅堂へ行きました。

こんな片田舎でこんな一流どころ・・・と思うのは私だけにあらず

まだ会場まで1時間・開演まで1時間30分もあるというのに、すごい人。みんな並んでる!

会津風雅堂はよく行く会場だけど、こんな人だかりにはなかなかなりません。

あれ?全席指定だよね・・と不安になりながらも、近くの県立博物館のカフェでお茶をしてから会場入り。

パンフレット2冊買って、席につきました。

パンフレットも1冊1000円って安いですよねぇ・・・

 

チラシには

「演劇文化の普及の為に低料金でご提供いたします。」

 

という記載。お得感倍増!ますますラッキー!

 

舞台は最初からの大迫力。

ミュージカル初心者には敷居が高い?という心配はすぐに吹き飛び、内容も分かりやすいし、休憩20分挟んでたっぷり三時間、飽きることなく観劇できました。

さすがミュージカル!出演者皆さんの歌唱力が半端ない!

特に主演のお二方の歌唱力・演技力は抜群でしたね。

 

松平健さんと言えば知らない人はいない程の俳優さんです。

私の世代だと「暴れん坊将軍」

娘の世代だと「マツケンサンバ」

でも生で見る舞台はテレビとは大違い!あの声量。あの存在感。すっとした立ち振る舞い。まるで本当の男爵。

一路さんを軽々持ち上げるシーンもあり、御年63歳?全くお年を感じさせない迫力でした。

 

そして驚いたのが一路真輝さん

元宝塚トップスターという事は存じ上げておりましたが、あの歌唱力。表現力。

他の出演者の方々も歌唱力・表現力素晴らしいんですが、一路さんはなんか違う。

なぜか一路さんばかり目で追ってしまいます。

オーラなんですかね。実力も頭一つ違ってたように感じました。

たしか子育てで何年かお休みしてませんでしたっけ?

ブランクなんか全く感じられません。ずーーーーっと第一線で歌ってきたお声です。

今日一日で、一路さんの大ファンになっちゃいました。

 

水夏希さんとか、ちあきしんさんとかも元宝塚なんですね。

このお二方もものすごい歌唱力でした。

やっぱり宝塚ってすごいんですね。おそらく基礎が違うのでしょうね。

一度宝塚の舞台観るとはまっちゃう人多いとは聞くけれど、納得納得です。

 

太川陽介さんと川崎麻世さん

私が子供の頃スターだったけれど、今は旅番組とかバラエティとかで拝見する程度かなぁ・・と思ってましたが、テレビ出るだけが俳優さんじゃないんだなぁと再認識。

特にこのお二方に関しては、スターになったその後の人生をきちんと歩まれていたのだな・・なんて勝手に思ってしましました。

昨日今日でできるようになるものじゃないですもんね。

素晴らしかったです。

 

それからミュージカル初挑戦のスギちゃん

いい味出してましたよ〜

かわいかったですよ〜

 

俳優さんたちの努力を思うと涙が出てきそうです。

努力とは人の心を打ちますね。

 

ただ、ミュージカル初観劇。なのでカーテンコールの方法がわからず、ただただ拍手するのみでした。

多分我が家の面々以外のほとんどの方々が同じでしたね。

 

「一路さ〜ん」

「健さ〜ん」

 

とか言いたかったけど、だれも言ってないし、はずかしいし。

 

舞台慣れしてる欧米の方々だったら

「ブラボー」

とか言いそう・・・

立ち上がって拍手とか・・・・

 

でも会津の人はできないよね。。。

心の中で「ブラボー」言いながら、

「会津に来てくれてありがとう〜!」

感謝の気持ちを拍手に込めて、手のひらいたくなるまでパチパチしました。

 

とにもかくにも期待を裏切らない、期待以上の感動を頂き、大満足。

これで5000円!コスパ最高!

この次までカーテンコール練習しておきますからまた会津さ来てくなんしょ〜

 

この後

7月20日(木)茨木・結城市民センターアクロス

7月22日(土)23日(日)愛知・刈谷市総合文化センター

7月24日(月)岐阜・バロー文化ホール

7月28日(金)静岡・御殿場市民会館

7月30日(日)静岡・森町文化会館

8月1日(火)〜6日(日)東京・東京芸術劇場

8月8日(火)岡山・倉敷市芸文館

8月10日(木)〜13日(日)兵庫・兵庫県立芸術文化センター

 

おすすめです!

 

 

婦人画報のお取り寄せ通販サイト

 

 

最後までお付き合い下さいましてありがとうございます。

 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

| アート鑑賞 | 20:01 | comments(0) | - | pookmark |
地方でも見れる名品。福島県立美術館。

JUGEMテーマ:美術・工芸

 

こんにちは。ゆきです。

 

今日は特に何の用事もなく、ゆっくり休む予定の日曜日でしたが、ふと思い立って福島県立美術館に行ってきました。

 

 

国立西洋美術館の所蔵品の巡回展

西洋美術館にいつでも行けるような環境の人にとっては目新しい展覧会ではないけれど、こんな田舎暮らしの私にとっては一流品に触れ合える数少ないチャンスです。

前から行きたいと思ってましたので、ワクワクしながらの1時間の道のり。

 

お目当てはポスターにもなっているマリー=ガブリエル・カベの自画像です。

若い時から、東京上野の西洋美術館に行くたびに、この絵の前で必ず立ち止まっていました。

この、自信たっぷりにまっすぐこちらを見据えるまなざし。

若々しい光を放つ表情。

なぜかいつも引き込まれます。

上野にはもう何年も行っていないから、久しぶりに会える!

そんなワクワクです。

 

チケットを購入し入場するとすぐにカペさんに出会えた。

変わらないまなざし。

久しぶりに会えた。

初めて出会ったときはおそらく同い年ぐらいだったのに、今は私だけが年取っちゃった。

カペさん、わたしより200歳位年上なのに相変わらず美しい。

永遠の美とはこういうことね。

 

魔性の女

のコーナーはちょっと空恐ろしく、ムンクの狂気じみたリトグラフを見た後の

近代都市生活と女性

のコーナーのモネ

ふわ〜っとして心に光がさしてきました。

ほっとするってこういうことね。

 

それだけムンクの迫りくる迫力のすごさと、モネの包み込む優しさのすばらしさ。

印象派はやっぱり万人受けしますね。

でも、モネは特別だなぁ・・・

 

百数十点ににも及ぶ作品も飽きることなく、最後まで楽しく、贅沢な時間を過ごさせていただきました。

東京に住んでれば、こんな超一流品が常設展で数百円で見ることができます。

さすが国立ですね。

また、余裕ができたら西洋美術館に行こう。

カペさんに会いに。。。

 

心に栄養補給の休日でした。

 


人気ブログランキング

 

 

| アート鑑賞 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
優しさの仏様。棟方志功

JUGEMテーマ:美術・工芸

 

こんにちは。ゆきです。

 

先日ぷちぷち家出しました。

思い付きで高速バスに飛び乗り仙台へ行き、突然だったため誰にも会えず、仕方がないので一人で美術館に行きました。

 

宮城県立美術館

大きな企画展は開催されておらず、コレクション展。

まぁ、コレクション。。。というくらいだから、常設展に近いかな。

 

「東北の作家たち」というサブタイトル。

地元の作家さん、あまり知らないよな。と思いながらも、せっかくだからとチケットを買いました。

有名じゃないかもしれないけど、すごい方々がこの東北にもたくさんいらしたのね。

しかも戦前とか戦後とか、食うや食わずの時代に(よくはわからないけど)芸術の道を選択し、作品が後世まで残るというのは、並大抵のことじゃないんだなぁ。

絶対才能ありでしょう。

・・・なんて感心しながら足を進めてはっと立ち止まる。

 

 

棟方志功 「釈迦十大弟子」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

棟方志功「釈迦十大弟子」という作品です。

ユーモラスな表情の中に優しさを感じます。

実物は幅45cm✖高さ115cm位の大きさですが、強烈な存在感なので、もっともっと大きく感じました。

やっぱり、名作って違うんだなぁ、などと思いながら家路につきました。

 

心が癒されて・・・

この作品を見てきたのは先週の日曜日ですが、その次の日の月曜日に不幸がありました。

なので、先週は悲しい一週間だったのです。

そして昨日、美術館で買い求めたこの絵はがきを眺めていたら

なんだか

すぅ〜っと

心が落ち着き、癒されている自分がいました。

だいじょうぶ。だいじょうぶ。って・・・

 

子供のころは「仏様」「お坊さん」「お寺」とは、死をイメージさせる、それはそれは恐ろしい言葉だったのですが、50歳も過ぎれば、親族が亡くなったりして死はもっと身近なものに変わってきます。

私自身、まだまだ死は恐ろしいし、できれば子供たちが自立するまでは生きていたいと思います。

が、死んでしまっても、こんなかわいらしい仏様に供養していただいたら、天国でも心穏やかに過ごせるでしょうね。

死がだんだんと怖くなくなり、死を受け入れる時が、人生を全うしたときなんだろうなぁ

 

たまたま美術館でこの作品とであり、たまたま翌日に人の命を考えさせられる事がおきてしまい、この作品に救われる思いがしたのでした。

すこし歳をとったようですね。

 

宮城県立美術館でした。

 


人気ブログランキング

 

 


 

| アート鑑賞 | 22:11 | comments(0) | - | pookmark |
会津塗の魅力を再発見!

JUGEMテーマ:美術・工芸

 

こんにちは。ゆきです。

 

突然ですが、芸術鑑賞はお好きですか?

先日、会津塗の展覧会に行ってきましたので感想を少し書きたいと思います。

 

↓これです!

 

い〜ですよね〜芸術。

自分では描けないし作れないけど、だからなおのこと本物を見ていると贅沢な気持ちになって、心に栄養が補給されたような気持になります。

若かりし頃は、印象派の絵専門で、それ以外は全く興味な〜しっという感じでしたが、今は西洋絵画ばかりでなく、日本画も好きだし、陶器やガラスなどの工芸品も大好きです。

(歳ですかね・・・)

 

しかし、会津という辺鄙な土地がら、なかなか遠くの美術館まで出かけることはできません。

なので、毎週日曜日の午前9時からEテレで放送されている「日曜美術館」は、日曜の朝の楽しみです。

 

今週の日曜日14日も当然のことながら楽しく拝見しておりました。

特集が終わると、「アートシーン」というコーナーに入ります。

全国の美術館で開催中の展覧会を紹介するコーナーで、私にとっては大事な情報源です。

朝食の残りのコーヒーをすすりながら、「近場でいいのやってないかしら?」なんて何気なく見ていると、

「会津塗」というキーワードが・・

 

「ん?会津塗?地元なんですけど・・・・」

 

「自然をうつす漆芸家・関谷浩二が挑んだ漆表現の可能性」

 

「福島県立博物館」

 

地元です!ご当地です!行かなくては〜!

 

ということで、行ってきました。久々の県立博物館。

子供達が小さいときはよく連れて行きました。

語り部の方々の朗読会とか、郷土のおもちゃ作りとか、なつかしい(*^^*)

なんて考えながら企画展へ・・・・

 

薄暗い会場で、ひとつ、ひとつほのかに明るく照らされた作品たち。

 

それはそれは美しい漆器の数々。圧倒されました。

 

関谷さんのお名前は存じ上げておりましたが、会津には他にも有名な蒔絵師さんがいらっしゃり、あまり詳しくない私は蒔絵師さんのそれぞれの個性とか違いが全く分からない状態でした。

漆の作品展というものに足を運んだのもはじめてで、繊細緻密蒔絵にただただ驚くばかりでした。

正直、会津塗のイメージが覆されました。

私の中の会津塗は、もっと素朴で地味で、それはそれでとても好きなのですが、関谷さんの作品は色ウルシ螺鈿が贅沢に使われていて、絢爛豪華なイメージ!それでいて派手ではなく品がありました。

工芸品の枠をはるかに超えていて、まさに芸術品です。

 

 

  ​

↑ちなみにこれは我が家の漆器たち。私の中の会津塗のイメージです。

 豪華さはないけど、普段使いにはとてもしっくりしています。

 亡くなった義父が遺してくれた家宝の重箱とやらもあるはずなんですが、

 今度探してみましょう。

 

会津に住んでいて今まで知らないでいたこと、本当に恥ずかしいです。

郷土の誇れる宝です。

ちなみに、亡くなった義父は漆職人でした。

私が嫁いだころは職人さんもみな辞めてしまってて、義父と義母が細々と注文をこなしている状態でしたが、漆職人の家の嫁にしては無知すぎますね。「じーちゃん、ごめんなさい」

 

なんて、義父を懐かしく思い出すこともできて、とても良い日曜日だったのでした。

 

福島県立博物館、よろしければぜひのぞいてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| アート鑑賞 | 19:30 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

人気ブログランキング

にほんブログ村

楽天トラベル

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH