色々な意味の涙〜陸王

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

こんにちは。ゆきです。

 

 ↓広告です

  ベルメゾンネットのセール・福袋

 

先日、

「この声を君に」

「明日の約束」

についての感想を書きましたが、その他にも見ているドラマはまだまだあります。

何といっても、一番の友達はテレビです。

 

TBS 日曜日夜9時 「陸王」

出演:役所広司、山崎賢人、竹内涼真、寺尾聡、他

原作:池井戸潤 著「陸王」

 

です!

 

役所広司さん演じる宮沢紘一は老舗足袋屋「こはぜや」四代目社長。

こはぜやの経営を立て直すため、新規事業としてマラソン足袋「陸王」の開発に挑むお話です。

池井戸さん得意の窮地から逆転勝利をつかむサクセスストーリーですが、私は毎週涙しながら見ています。

色々な涙が出ます。

 

 

 日テレドラマ

 

 花を贈るなら日比谷花壇へ

 

 

負の連鎖の様に思いがけない不運が積み重なるくやしさや、窮地に陥った時に差し伸べられる人の優しさだったり、仲間を信頼する心だったり、実直な仕事を目の当たりにして心を揺り動かされる表情だったり・・・毎週毎週いろいろ泣いてます。

 

その中でも嗚咽しそうなほど泣いてしまうのがマラソン・駅伝のシーンです。

マラソン足袋(足袋の形をしたシューズ)の開発のお話ですから、陸上のシーンはドラマの半分近くあります。

 

長距離選手茂木裕人を演じるのが竹内涼真君。かっこいーなー

茂木選手は長距離選手として脚光をあびていたけれど、ケガによってどん底を味わいます。

しかし「陸王」と出会い、実業団駅伝であるニューイヤー駅伝で奇跡の復活を果たします。

 

ここまでが今週のお話でしたね。

 

茂木選手の走る姿に涙!

和田正人さん演じる平瀬孝夫のラストランに涙!

(和田正人さんは本物の箱根ランナーです。やっぱり走り方、違いますよね。)

音瀬琢真さん演じる鬼監督城戸の涙にもらい泣き!

BGMがまたいいですね。ジュピター

 

どうしてこんなに涙が出るのでしょうね。

スポーツものは間違いなく泣けますが、今回は尋常じゃないくらい泣いてます。

自分でもアホか!と思ってしまいます。

ドラマの世界に涙していることには間違いないのですが、もう一つ理由があります。

 

自分の子供が陸上をしているからです。

しかも長距離です。

 

子供が小さいころから追っかけしてました。

いろんな大会に行きました。

そのたびに悔し涙を見てきました。

そのたびに一緒に泣きました。

 

我が子の陸上人生を思うとき、いつも高校三年生の最後の大会を思い出します。

頑張ったね。よく走ったね。

そう思いながら10000メートル走り切った我が子に拍手を送りました。

もちろん大号泣でした。

今は大学生になり、一応陸上は続けていますが、高校生のころほどの情熱はないかなぁ・・と寂しく思います。

あと一歩で県のトップ選手の仲間入り・・・くらいのレベルでした。

大学を選ぶ時、我が子と同じ位のレベルの子たちもこぞって関東の駅伝強豪大学に進学しましたが、我が子は駅伝は選びませんでした。

地元ではないけれど、地方の国立大学に進学してくれました。

我が家の家計を慮ったのでしょう。

私も、関東の私立に行っていいよ・・・とは言えませんでした。

 

それが私の後悔です。

全国でトップになれるような才能はないでしょう。

我が子の選択は正しかったと思います。

ただ、ついこの前までライバルだった子たちが箱根や全日本大学駅伝で活躍しているのを見ると、嬉しい反面この後悔が顔を出します。

そして陸王を見ていると思い出します。

 

ごめんね。ごめんね。ごめんね。ごめんね。

 

でも、どんな状況でも全力で頑張っている息子は私の誇りです。

学業・陸上・バイト・・・ほんとに全力です。

子供たちに恥じない生き方をしよう。。。

これが今の私のポリシーです。

陸王を見ていると、そんな色々を思い出して涙が出るのかもしれません。

 

頑張れ〜茂木選手〜

頑張れ〜こはぜや〜

 

頑張れ〜子供たち〜

頑張れ〜私〜

 

 

→HPはこちらです。「陸王」

 

  日テレドラマ

  【1,200円】米ぬか美人スペシャルセット [日本盛]

  【スキンケア化粧品プモア】肌にすーっと入る感覚を1,000円でお試し

 

 

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございます。

↓ご協力頂けるとうれしいです( ◠‿◠ ) 


人気ブログランキング
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

| テレビとか映画とか | 00:44 | comments(0) | - | pookmark |
重いけど気になる〜明日の約束

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

 

こんにちは。ゆきです。

 

 ↓広告です

  ベルメゾンネットのセール・福袋

 

 

ほとんどおひとり様の私にとって、テレビは大の仲良しです。

この秋一番のお気に入りのドラマは

 

「この声を君に」

 NHK総合 金曜ドラマ10 

 出演 竹野内豊 他

 

だったのですが、先週最終回を迎えてしまいました。

竹野内豊さん。本当に「いい声」でした。

あの声で朗読された物語・・・素敵でした。

それから、竹野内さん始め杉本哲太さん、片桐はいりさん、堀内敬子さん、大原櫻子さん、戸塚祥太さん、趣里さんが全員で読む群読に心打たれまくってしまい、自分も朗読教室に通いたいなぁ・・・なんて思ってしまいました。

人は誰でも好きになれない自分を抱えて生きているかもしれないけれど、好きになれない自分を肯定できる日が来るかもしれない。

と思わせてくれる素敵なステキなドラマでした。

さすが。NHK!上質さでは負けませんね。

 

大好きな「この声を君に」が終わってしまいました。

でも「この声ロス」に陥らずに済んでます。

もう一つ欠かさず見てるドラマがあるからです。

 

フジテレビ系 火曜日夜9時 「明日の約束」

出演:井上真央、及川光博、工藤阿須賀、手塚理美、仲間由紀恵他

脚本:古家和尚

 

です!

 

井上真央ちゃん演じるスクールカウンセラーが、勤務先の高校で起きた生徒の自殺の真相を追い求めるドラマ。

バスケ部の部員圭吾の死の真相は、部活内のいじめ?それともクラスでのいじめ?過干渉な母(仲間由紀恵)が原因?

ここへきて圭吾の担任の霧島(及川光博)の行動もやけにアヤシイですよね。

スクールカウンセラーの日向(井上真央)自身も母(手塚理美)との関係に悩みます。

又、恋人の和彦(工藤阿須賀)の心の闇も見え隠れ・・・

 

謎が謎を呼び、毎回心が痛い。

体力がない日は見るのもツライ・・

でも

真相は何だろう。母と子の関係って何だろう。

毎回見ずにはいられない作品です。

 

 日テレドラマ

 

 花を贈るなら日比谷花壇へ

 

もともとは井上真央ちゃんのファンだから見始めたドラマです。

最近のはやりのドラマの傾向からはかけ離れたドラマかもしれません。

私も初めはちょっとおじけづきました。

でも、いじめって何だろうとか、自分が子供を思う気持ちは果たして正なのかどうかとか、色々考えさせられるドラマです。

今は仲間由紀恵演じる圭吾の母の「毒母」っぷりが際立って描かれていますが、きっとこれも母の愛だったのだと思えるエンディングを迎えたい。

自分の愛し方は間違っていたと気付いてほしい。

毎回最後に朗読される日向の母から10歳の日向への「明日の約束」にぞっとしながらも、きっとこれもこの母の娘の愛し方なんだろう・・・

と思いながら見ています。

 

「明日の約束」

お勧めです! ただし、少々体力が必要です。

→HPはこちらです。「明日の約束」

 

  日テレドラマ

  【1,200円】米ぬか美人スペシャルセット [日本盛]

  【スキンケア化粧品プモア】肌にすーっと入る感覚を1,000円でお試し

 

 

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございます。

↓ご協力頂けるとうれしいです( ◠‿◠ ) 


人気ブログランキング
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| テレビとか映画とか | 20:11 | comments(0) | - | pookmark |
竹野内豊さんの声に魅了されるドラマ

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

 

こんにちは。ゆきです。

 

 ↓広告です

  ベルメゾンネットのセール・福袋

 

 

今日は待ちに待った金曜日です。

テレビドラマはあまり見ない方でしたが、子供がいない夜は長くて近頃はテレビドラマに夢中です。

そして、この秋の一番のお気に入りは

 

NHK総合 金曜ドラマ10 「この声を君に」

出演:竹野内豊、麻生久美子、ミムラ他

作 :大森美香

 

です!

 

偏屈な数学者穂波孝(竹野内豊)が、朗読教室でであった京子先生(麻生久美子)との交流を通して、自分を見つめなおしていく・・・というお話です。

お話の中では、穂波が京子先生の美しい声に魅了されるのですが、テレビの前の私は竹野内豊さんの低く甘〜い声に完全にやられています。

もちろん麻生久美子さんはとても美しくて、かわいくて大好きですが、今回は竹野内さんにくぎ付けです。

あんなステキで甘い声で話しかけられるのだったら、ちょっと偏屈で理屈っぽい夫でもいいかな。。なんて思ってしまいます。

それに、ドラマの題材も素敵ですね。

 

数学者と読書・・・

 

一見、相反するように見えますが、数学って意外と文学に近いです。

我が家の長女は大学で文学を研究しています。

長女にそっくりな末っ子の大学での専攻は数学です。

数学って案外文学だよ・・・って息子たちも言っていました。

 

 日テレドラマ

 

 花を贈るなら日比谷花壇へ

 

穂波さんと京子先生の今後の関係も気になります。

私的には不倫とか浮気とかは大嫌いなので

京子先生もかわいくて魅惑的だけれども、ミムラさん演じる奥さんとよりを戻してほしいな。

せっかく子供たちに

「くじらぐも」

読んで聞かせることができたんだから・・・

 

竹野内さんの心に響く声で読み上げられる文学。

子供の教科書に載っているようなかわいいお話でさえもじーーーんとしみわたってきます。

 

自分以外の人の音読を聞くのは子供たちの小学校の宿題依頼かもしれませんが

朗読がこんなに奥深いなんて驚きました。

 

朗読・・・こんど挑戦してみたいです。

今日は穂波さんと京子先生の朗読で癒されたり心ざわついたり楽しみたいと思います。

 

「この声を君に」

お勧めです! 

→HPはこちらです。「この声を君に」

 

 日テレドラマ

 

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございます。

↓ご協力頂けるとうれしいです( ◠‿◠ ) 


人気ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

 

↓広告です

 

 

【スキンケア化粧品プモア】肌にすーっと入る感覚を1,000円でお試し

 

 

 

 

 

| テレビとか映画とか | 19:10 | comments(0) | - | pookmark |
なぜか泣いちゃう。過保護のカホコ

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

こんにちは。ゆきです。

 

   広告です

   ↓ベルメゾンキャンペーン中です。

  ベルメゾンネット

 

ここのところ三十三観音続きで、少々飽きました。

まだ半分もいかないのにダメですね。

でも今日はちょっとお休みします。

休憩してリフレッシュすればまた新たな気持ちでスタートできますからね!

 

ところで、近頃のマイブームは三十三観音巡りとドラマ「過保護のカホコ」です。

毎週水曜日 夜10:00 日本テレビ

キャスト:高畑充希・竹内涼真・黒木瞳・時任三郎・他

 

  日テレドラマ

 

水曜日、そう今日です。

待ちに待った水曜です。

最初はただただ高畑充希ちゃんがかわいいだけのドラマだと思ってました。

非現実的だし、まぁマンガを見ている感覚でした。

ただ、毎回ドラマが終わってから

「パパ!うちの子たち、ぜ〜んぜん過保護じゃなかったね。上には上がいるのね!」

と歓喜している私たち夫婦でした。

でも、回を重ねるごとにカホコの純粋さ、ひたむきさがじーんと胸にしみてきて、気づけばカホコと一緒に号泣している私です。

パパさん相当呆れてますが・・・

 

ちょっとオーバーなカホコの過保護ぶりですが、心底愛されて育っているからカホコにも愛があふれているんですね。

愛されてる事が当たり前だから、人を疑うことを知らないんですね。

妬みとか負の感情がほぼゼロです。

こんな子いないよね。

だけどかわいいなぁ・・・

高畑充希ちゃんがかわいい・・と思ってみていたけど、いつのまにかカホコが大好き。

 

麦野はじめ君を演じる竹内涼真君もカッコ良くて良し!

うちの息子たち、竹内涼真君みたいになってくれないかしら・・・むりか?

はじめくんとカホコ、ちょっとすれ違ってきちゃった先週だったけど、軌道修正できますように。

ホントにかわいい二人ですからね。

 

黒木瞳さんとか時任三郎さん、三田佳子さん、ベテランの俳優さんたちがしっかり脇をしめているから、ありえない物語も現実味を帯び感動させられるのかもしれません。

ホント、絶対にありえない設定なんですが、なぁんかひきつけられますね。

デフォルメされてるけど、少なからず思い当たるところがあるから共感できちゃうのかも。。。

自分の事に置き換えてみても、ついつい子供を過保護にしまい反省するけど、過保護もいいとこあるじゃない!と思わせてくれるドラマです。

今日の展開も楽しみです。

10時になるのが待ちきれません!

 

  日テレドラマ

 


 

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございます。

 

↓ご協力頂けるとうれしいです( ◠‿◠ ) 


人気ブログランキング
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

 

 

 広告です↓

 ことりっぷとのコラボ商品が大集合☆

 

 婦人画報のおかいもの 売れ筋商品を発表

 

日比谷花壇

 

 

 

 

| テレビとか映画とか | 19:55 | comments(0) | - | pookmark |
続編は「キラキラ共和国」〜ツバキ文具店

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

こんにちは。ゆきです。

 

通常訴求

 

 

この7月からのテレビドラマ、面白そうなものが目白押しですね!

 

一番はまってるのが、水曜10時(日本テレビ)高畑充希主演の「過保護のカホコ」

内容云々ではなく、高畑充希ちゃんのかわいいこと!

高畑充希ちゃんにただただ見とれて1時間過ぎちゃう感じです。

竹内亮真くんもカッコ良し!

それからお父さん役の時任三郎さん、お母さん役の黒木瞳さん、いい味出してますね〜

ありえない程の過保護ぶりを見て、

「パパ!うちなんて全然過保護じゃなかったね!」

と納得納得しております。(自覚無しの過保護ママですね)

 

それから土曜10時(日本テレビ)錦戸亮主演「ウチの夫は仕事ができない」

錦戸君ってこんなに情けない役が似合う人だったっけ?なんて思いながら見てます。

そしてこちらも妻役の松岡茉優ちゃんがかわいい!

ホント、ほほえましい夫婦ですね♡

 

その他も渡辺直美主演の「カンナさーん」とか、真木よう子主演の「セシルのもくろみ」とか面白そうなものいっぱいなんだけれど、ドラマ始まる前に寝ちゃったり、忘れてたりで、今のところ毎週見れているのは「カホコ」と「仕事ができない」だけです。トホホ・・・

 

ただ、まだ私の中で4月から6月までNHK総合で放送されていた「ツバキ文具店」を超える作品に出会えないですね〜

あのしっとりとした空気感。優しく流れる時間。

視聴率競争の民放さんではなかなか作れないドラマだと思います。

その、「ツバキ文具店」で主役を務めた多部未華子ちゃんが第8回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演女優賞に輝いたそうです。

わー!ぱちぱち!

私の一押しドラマだっただけに超うれしー(≧◇≦)です!

コンフィデンスアワード・ドラマ賞なんて、今回初めて知ったものだけど・・・

なんでも、コンフィデンスアワード・ドラマ賞のHPによると

 

“質の高いドラマ”を表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」。第8回目となる今回は、多様な「人間模様」や「心理」を描いた骨太な人間ドラマが多くラインアップした17年4月期放送のドラマを中心に、全30作品がエントリー。その中から、作品賞ほか全7部門を決定した。各賞の結果とともに、受賞者の喜びの声をお届けする。

 

だそうです。

そう、質の高い、というのがぴったりでした。このドラマ。

 

もともとは原作のファンでした。

昨年読んだ本の中では一番でした。

原作良かったのって、映像化すると大抵はがっかりするものですが、今回はがっかりどころか、想像通り!と大興奮したのを覚えています。

原作のイメージを損なうことなく、ドラマならではのテイストを付加していて、なかなか出会えない作品でした。

 

ん?

いろいろ検索してみたら、なんと、ツバキ文具店の続編が始まってる〜?

よ、読みたい〜!

小説幻冬に連載中!との事ですね。

まだ連載中なんですね。

 

題名は「キラキラ共和国」〜?

題名からは想像できないけど、ちゃんとツバキ文具店の続編なんですよね?

ちゃんと鳩子とかバーバラ婦人出てくるよね?

ぽっぽちゃんとQPちゃん(ドラマでは「はーたん」でした)が親子になってたらうれしいなぁ・・

 

5月から始まってるみたいですね。

迷うなぁ。5月号までさかのぼって買うか、出版されるまで待つか・・・

どっちにしても出版されたら買うんだよね〜

絶対ハードカバーのが欲しいよね。

 

通常訴求

 

 

はい、では出版されるまで待つことにします。

待てるかな?

待ち切れな〜い!

 

 

最後までお付き合い下さいましてありがとうございます。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

婦人画報のお取り寄せ通販サイト

八天堂

 

 

 

 

| テレビとか映画とか | 19:04 | comments(0) | - | pookmark |
ツバキ文具店につづくドラマを待つ

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

今日は大寝坊しました。

土曜日も出勤なのに・・・

お弁当作る時間はもちろんなく、お昼は会社の近くのスーパーへ。

 

流れる音楽に聞き覚えが。

あっツバキ文具店の主題歌!絢香さんの歌う「コトノハ」です。

 

ツバキ文具店は4/14〜6/2にNHKで放送されたドラマです。

最終回に大号泣したのは1か月前でした。

 

久しぶりに聞くけど、やっぱりいいですね。

50歳の私が若い女子の作る歌に泣かされるなんて、なんとも情けないような気もしますが、ドラマとピッタリの雰囲気と歌詞で、もう大好きでした。

絢香さんが何歳かはわかりませんが、私の半分くらいの人生経験でこんな詩がかけるなんて、すごいですねぇ。

才能なんでしょうか。

宇多田ヒカルちゃんとか、近頃の若者ってすごすぎですよね。

うらやましいです。

 

お昼ごはん何にしよう。。。

 

コトノハを口ずさみながら買い物してたらドラマの内容を思い出してしまい、泣きそうになりながら菓子パンとインスタントスープを買い、会社に帰って若い女の子にこの状況を説明したら、呆れられてしまいました。

 

そうよね。ツバキ文具店見てない人に状況説明しても共感できないよね。

ツバキ文具店のやさしさを理解するには彼女は若すぎるよね(^^;)

 

一文字記憶から記憶から

呼び覚ます綴る日々

うららかな春の空

あなたを忘れない

 

こんな切ない思いで手紙を書きたい相手は

今の私には残念ながらいませんが

高校の時の友達とか、大学時代の友達、今は疎遠になってしまった人たちに

手紙書きたいなぁ、、書いちゃおうかな。驚くだろうね。

 

鎌倉の雰囲気も相まって、ホントに文学的なドラマでした。

1か月経ってもまだ感動しています。

 

夏期のドラマ、どんなラインナップ?

はやく違うドラマにはまらないと、いつまでたっても鳩子ロスから立ち上がれないですねぇ。

 

 

| テレビとか映画とか | 22:01 | comments(0) | - | pookmark |
ツバキ文具店。最終回も優しかった。

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

こんにちは。ゆきです。

今日は恐れていた、いや楽しみにしていた、でもやっぱり来てほしくなかった

ドラマ「ツバキ文具店」最終回でした。

 

 

多部未華子ちゃん演じる鳩子ー通称ぽっぽちゃんーが代書屋として他人の手紙の代筆をしながら自分の心と向き合っていく。。。というドラマです。

鳩子は厳しかった先代と確執を抱えたまま家を飛び出し、先代の死によって実家のある鎌倉に戻り家業である代書屋を引き継ぎます。

先週のお話では、先代とイタリアのペンフレンドとの間に交わされた数々の手紙により、先代の自分への愛に気づき、先代を一人で逝かせてしまったことを深く後悔するというお話でした。

いつしか心のよりどころとなっていたモリカゲさんはーたんが鎌倉を去ることを告げられた鳩子は代書屋として手紙を書くことができなくなってしまう。

心を閉ざす鳩子に周りの人たちの静かで優しいこころづかい。

バーバラ夫人先代との約束や、モリカゲさんはーたんの姿に先代と幼い自分を重ね、優しかった先代の記憶が少しずつよみがえる。

そして、鳩子は一歩前に歩みだす。

「おばあちゃんへ」

先代への初めての手紙は鳩子の新たな一歩なのでしょう。そして鳩子はまた心を込めて代書屋を続けるのでしょうね。

めでたし。めでたし。でした。

 

ん〜良かったですね。涙涙でした。

鳩子モリカゲさんにおんぶしてもらうシーン良かったですね。原作を読んだときはこのシーンで大号泣でした。

はーたんは最後までかわいかった。

幼い鳩子をおんぶする先代の優しい笑みが涙を誘います。

結末わかっていてもやっぱり最後までドキドキしながら、食い入るように、この時間が終わってしまわないよう祈りながら、この優しさをかみしめながら・・・涙

原作のほうがもう少し淡々としていて、ドラマのほうはテレビ用にちょっとだけドラマチックに演出されてましたね。

 

まるで絵画のようなドラマ。

また出会いたい。

わたしもこれから手紙を書こう。心を込めて。

何十年もあっていない旧友。

子供のころかわいがってくれたおばさん。

愛する娘・息子たち。

たくさんたくさん心を届けよう。

 

鳩子ロス、どうやって乗り切りましょうね。。。

 

「ツバキ文具店」

原作:小川糸

脚本:荒井修子

雨宮鳩子:多部未華子 / 先代(雨宮かし子):倍賞美津子 / 

バーバラ夫人:江波杏子 / 男爵:奥田瑛二 / 

守景蜜朗:上地雄輔 / 守景はるな:新津ちせ / 白川清太郎:高橋克典 他

 


人気ブログランキング

 

原作もぜひ

 

 

 

 

 

 

 

評価:
価格: ¥ 1,512
ショップ: 楽天ブックス
コメント:優しい時間が流れます。

| テレビとか映画とか | 00:11 | comments(0) | - | pookmark |
人生は一瞬。悲しみを抱えて生きる。先代も。バーバラ夫人も。

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

こんにちは。ゆきです。

 

先週はいろんなことがあり、いろいろ多忙で、毎週楽しみにしていた「ツバキ文具店」を見逃してしまいました。

すぐ気づいて、再放送を録画。

一週間遅れの感動です。

 

ツバキ文具店

多部未華子ちゃん演じる鳩子ー通称ぽっぽちゃんーが代書屋として他人の手紙の代筆をしながら自分の心と向き合っていく。。。というドラマです。

鳩子は厳しかった先代と確執を抱えたまま家を飛び出し、先代の死によって実家のある鎌倉に戻り家業である代書屋を引き継ぎます。

 

先週は第7話でした。

先代とイタリアに住むペンフレンドとの間に交わされた数々の手紙から、鳩子の知らない先代が見えてくる。

 

人生は一瞬

 

先代の言葉がずっしり重く響く。

 

はーたんを優しく見守るモリカゲさんの悲しい過去。

記憶に残ってなくても心が覚えてるはーたんの恐怖。

いつもは明るいバーバラ夫人の悲しみ。

一緒に暮らしているときは気づけなかった先代の愛。

 

いろんな事がいろんな人生が鳩子の胸をしめつける。

もう少し早く気づけたら・・・

鳩子は一生その思いを背負って生きていくんでしょうね。

モリカゲさん、はーたん、バーバラ夫人がそうであるように・・・

 

鳩子が先代の手紙を読んで泣き崩れるシーンでは、まるで自分が鳩子になってしまったかのような錯覚に陥り、深い後悔と悲しみに暮れてしまいました。

人生は一瞬だから、できるだけ後悔のないように生きていこう。

いつも周りに幸せを与えられる人になりたい。

今からでも遅くない?

遅くないよね。

 

明日は最終回!  

楽しみでもあり、恐れていた最終回でもあります。

 

人の優しさを感じ、鎌倉のしっとりとした風情も重なって、すてきな素敵な時間でした。

終わってしまうのは寂しいけれど、鳩子がどうやってこの悲しみを乗り越えて、また歩みだすのか楽しみにしましょう。

 

「ツバキ文具店」

原作:小川糸

脚本:荒井修子

雨宮鳩子:多部未華子 / 先代(雨宮かし子):倍賞美津子 / 

バーバラ夫人:江波杏子 / 男爵:奥田瑛二 / 

守景蜜朗:上地雄輔 / 守景はるな:新津ちせ / 白川清太郎:高橋克典 他

 

原作もぜひ!


人気ブログランキング

 

 

評価:
価格: ¥ 1,512
ショップ: 楽天ブックス
コメント:ドラマと合わせて読みたい。やさしい時間が過ぎていきます。

| テレビとか映画とか | 23:20 | comments(0) | - | pookmark |
ツバキ文具店第6話。今日もじんわりしみました。

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

こんにちは。ゆきです。

 

先週までは肌寒い日が続き、今日もあさはひんやりしていたのに、お昼頃からは「暑い〜」とうなだれるほどでした。

それもそのはず、今日は会社の大掃除だったのです。

行事の多さに閉口してしまう我が社なのですが〜 

年2回の大掃除。ホントに必要?と誰か進言してくれぇ・・・・

といいつつ、私は何の役にも立たず、ただぼさ〜っと突っ立ってるだけなんですが(笑)

 

昨日、は毎週楽しみにしてるテレビドラマ、ツバキ文具店第6話(NHK総合 毎週金曜日夜10時)でした。

 

多部未華子ちゃん演じる鳩子ー通称ぽっぽちゃんーが代書屋として他人の手紙の代筆をしながら自分の心と向き合っていく。。。というドラマです。

 

昨日の第6話では、高橋克典さん扮する白川清太郎さんが、亡くなったお父さんからの手紙をずっと待ち続ける認知症のお母さんへ宛ててお父さんからの手紙を書いてほしい、という依頼。天国からのお手紙、というところですかね。

は〜。またまた難しい依頼ですね。

お母さんを喜ばせることができるかもしれない半面、とりかえしがつかない程傷つけてしまう可能性もありますよね。

私には書けないな。恐ろしくて・・・

でも鳩子は書いてしまうんですよねぇ。

 

”愛するチーちゃんへ”

 

から始まり

 

”世界で一番チーちゃんを愛する僕より”

 

で終わる、素敵な素敵なラブレター。

こんなお手紙もらったら、本当に幸せ。

お母さん、きっと満足したでしょうね。

お母さんを演じる草村礼子さんがホントにチャーミングで、心から亡くなったご主人を愛する姿はとても演技とは思えない程です。

歳を重ねても、ご主人に先立たれて認知症を発症してしまっても、ず〜っとご主人と寄り添って、歩んできたのでしょうね。

こんな素敵な夫婦になれるでしょうか。

ちょっと自信ないな。わたし・・・

 

回を増すごとに「代書屋」が板についてきた鳩子。

説明じみた言葉は一切ないのに、優しさがにじみ出ています。

多部未華子ちゃん、この若さで貫禄の演技ですね!周りの俳優さんたちもホントに素晴らしい!

それから、鎌倉の佇まいと皆さんの優しさが心にしみわたります。

素敵な素敵なドラマに出会いました。

次回も楽しみです。

 

原作もとても良いです。ぜひぜひ。

 

 

 

 

 

評価:
価格: ¥ 1,512
ショップ: 楽天ブックス
コメント:やさしい時間を過ごせます。私もポッポちゃんに手紙の依頼をしたいです。

| テレビとか映画とか | 18:31 | comments(0) | - | pookmark |
ツバキ文具店第5話。じんわり心にしみわたります。

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

こんにちは。ゆきです。

 

テレビはあまり見ないほうなんですが、今期はこのドラマにはまってます。

金曜夜10時 NHK総合 「ツバキ文具店」

 

多部未華子ちゃん演じる鳩子ー通称ぽっぽちゃんーが代書屋として他人の手紙の代筆をしながら

自分の心と向き合っていく。。。というドラマです。

 

第5話の昨夜は、

お互い素直になれず、気を遣いあい、警戒しあう嫁と姑。

そんな嫁から鳩子への依頼は、姑のお誕生日のお祝いメッセージ。

嫁の幼いころの境遇や、素直になれないと嘆く姑の心に寄り添い、自分と重ねながら手紙を書く

鳩子。

雪解けのように和解する嫁と姑の姿に、頑なだった鳩子の先代への思いや、母親に寄せる思いも

少しだけ解け始めていく。。。。みたいなお話でした。

 

毎回毎回心にじんわりしみわたります。

やさしい時間が静かに流れていく感覚が好きです。

素直になれないよな〜

姑、嫁、母親、娘、お互い突っ張るよね〜

特に姑は、血がつながっていない、しかし生活は共にしなければならない、というところがなかなか難しい。

芦名星さん演じるお嫁さんは、

「せっかくできたお母さんと仲良くしたい」

と言うのですが、30年近く一緒に生活してる姑に、言えないな〜私。

 

まだまだ人間が練れてないですね。

 

そして、筆1本で他人の人生を明るく変えてしまえるなんて、手紙ってすごいですね。

私も手紙書きたくなってきます。

鳩子のような文章が書ければね。

それには、鳩子のように他人の心に寄り添える、練れた人間になる必要があるのですが・・・

 

 

NHKさん、さすがですね。

視聴率とか興味ないのでさっぱりわからないけど、もしかして視聴率とれなくても

こういう上質なドラマ、作り続けてほしいです。

 

早いもので、残すところあと3話。

今から終わってしまったらどうしよう・・・と恐れています。

原作でも読み直しますかね。ドラマは原作とはまた少し違うので、もう一回読んでみても楽しいかも。

 

 

 

 

評価:
価格: ¥ 1,512
ショップ: 楽天ブックス
コメント:とても優しい時間が流れます。おもわずなつかしい誰かに手紙を書きたくなる1冊です。

| テレビとか映画とか | 18:58 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

人気ブログランキング

にほんブログ村

楽天トラベル

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH